TVは一切見ないので知りませんが、SNSを見ていると政府や各自治体が打ち出す武漢ウィルス補償の話題をよく見かけます。

ですが、その補償に関する話を見ていると「遅い」だの「少ない」だの批判をしている論調を見ていると違和感を感じます。

もちろん壊滅的なダメージを受けている業種があるのも事実ですし、その経営者は本当に苦しい想いをされている事でしょう。かく言う自社も影響はありますし、収益が大幅にダウンしているのも事実です。

ですが、経営者の端くれとして言わせて頂くと、苦しい状況が来ること備えられなかった経営者である自分の責任です。自分の経営者としての能力が劣っている事を棚に上げて、政府や自治体の首長を批判するのは違う様に思います。

武漢ウィルス倒産が報道され始めていますが、そういう事業体は武漢ウィルスを「理由」にしているだけで、この騒動がなくても遅かれ早かれ倒産していた事業体ではないでしょうか?

制度融資で資金が調達できても、騒動終了後に返済が出来るかどうか?は正直言って微妙なのではないでしょうか?その場限りで借金をしても、事業が立ち行かなくなるのを遅らせるだけの様な気がしています・・・

その意味では、今回の騒動は事業継続を根本から見直すいい機会ではないでしょうか?もちろん弊社も含めてですが・・・・


IMG_3558